リセットボタン症候群

一億総現代病時代なのか、単なるクセだと自分では思っていたことが、「ビョーキ」だったりする。

わたしは、何か予想外の困った事態に陥ると、全部丸投げして、ゼロから新たにやり直したくなるタイプ。ただの性格かと思っていたけれど、軌道修正を考えるより先に諦めたくなるのは、問題ありだ。

で、名前を付けてみたのが、【リセットボタン症候群】

名称:リセットボタン症候群
特徴:一見前向きな人の、潔い行動かに見える
原因:“やり直しがきく”ことをゼロに戻すことと勘違いしている。
症状:一つのことが長く続かない。
分布:TVゲームで育った世代の男女
傾向:「ALL or NOTHING」「DEAD or ALIVE」がモットーな人。
予防法:いくつかの選択肢を前もって考えてから、物事に取りかかろう。


カルテ風に書いてみた(笑)
わたしがへなちょこ精神だってことだけなら、自爆すれば終わり、だけれど。もしかしてわたしだけの問題じゃじゃないかも!?って思ったのが、名前を付けたきっかけ。

都合が悪くなったらイヤだから、
いいデータでプレイしたいから、
思い通りのイベントを起こしたいから、・・・

ゲームでの世界だけだったら、便利だし全然問題ないリセットボタンだけど。
それに慣れてしまって、それが深〜くココロに染みついてる気がするのはわたしだけかなぁ?
みなさんは、どうですか?


■以下余談■

「リセットボタン症候群」は、わたしの創作だけど、実は、こういうココロの「現代病」はたくさんあるようです。50症例を超える勢いで。ちゃんと名前が付いていて、よくTVや新聞でも話題になるものをいくつか挙げてみますね。たとえば・・・

日曜の夕方「サザエさん」を見ると明日からの仕事を思い出し、強烈な倦怠感に陥るのは【サザエさん症候群】

どこにいても孤立しがちで、やっかまれてると思っているけど実は自分に敏感なのに他人に鈍感な【ヤマアラシのジレンマ】を地でいく派

病んでいるのは個人じゃなくって、暴力で繋ぎとめられている2人の関係なのが【DV(ドメスティック・ヴァイオレンス)依存症】

家中ぴかぴかに磨き上げていないと気がすまなくて、必要ないのに掃除をやめられないのは不安が引き起こす繰り返し行為の【強迫神経症】

TVと違う赤ちゃんに、マニュアル片手におびえるバーチャル子育てママは【青いおしっこ症候群】

こんなハズじゃなかった・・・子供が離れていく、何かが壊れていく、子供の自立で空虚感を覚えた主婦の【空の巣症候群】

などなど。冗談でしょ、って一見思うかもしれない病名ですが、事は深刻なのです。「あー・・・いるいる!」「あの人そうかも」と思って見ている自分も実はヤバイのが現代の病気群・・・

■以下補足■

社会のストレスが生む現代人の病理。病気、というほど深刻じゃないものを「○○症候群」と名づけられる、心の悩み。心の風邪がまだ欧米社会ほどオープンでないため、恥じらいやためらいが残っているのが現実です。

そして誰もが自分がそうだときづかないので、「病気だから変なのではなく、自分という人間がおかしいんだ」と誤認し、苦しむケースが多い。

こういう病気は特殊、と決め付けるのではなく、誰もが自分の傾向を知り、お互いにそれを認め合って、ストレス社会との折り合いを付けていく・・・。それが、生きる術なのかもしれませんね。


初出:2003.11.11 ブログパーツ

ブラウザの【戻る】ボタンでランキングから帰ってきてね♪ 

HOMEへ
コンテンツTOPへ