■おそとカフェ
素直にのどが渇いたときも、
歩きつかれて休憩したいときも、
ゆっくりお話したいときも、
さっき買ったものをちょっと広げてみたいときも、
雑誌に載っていた場所を探し当てたときも、
友人にオススメって連れてこられたときも、
もう一度味わいたい一杯があるときも、
本の続きが気になるときも、

みんなみんな、カフェが一役買ってくれるはず。もう一つの、わたしの居場所です。
“おそとカフェ”
今は、兵庫に住んでるから、関西のカフェ中心にご紹介★☆



 【Mlesna】 阪急三番街店

阪急地下2階に、ふらっと立ち寄ったとき、お店の鮮やかな赤だ、眼に飛び込んできました!一瞬フランスの紅茶「エディアール」かと思いきや、ここは、世界有数の紅茶大国・スリランカにある、リーフのメーカー「ムレスナ(MlesnA)」社、だったのでした。
 「ムレスナ」の名前は、社長であるアンセレム・B・ぺレラ氏の名前‘Anselm’を逆に綴ったもので、何だかちょっと、おもしろい(笑)サントリーやブリジストンみたいな感覚なのね。
 ムレスナ社は、世界35ヶ国に年間20万トンも輸出する、スリランカのリーフ・メーカーの中でも屈指の大企業なのだそうです。またパッケージデザインも高く評価されていて、スリランカをはじめ様々な国のデザイン賞を受賞しているとのこと。

わたしが、この日注文したのは、ロイヤルミルクティーとスコーンのセット。あ、SCONE SETって写ってますね!(写真左下)ちゃぁんと、ポットサービスで出てきて、とっても温まりました。ポットごとって、なんだかゆったり感が増長される気がするなぁ・・・。
夏季限定のティーソーダ(コルクボードに、オススメ!として貼ってあったメニュー)、とってもおいしそう!もっと暑い時期に来れたらチャレンジしたのに!残念っっ さすがにもう寒いよ〜!

【SHOP DATA】
大阪市北区芝田1丁目1番3号南館B2
06-6376-8787
11:00〜21:00


【WEB PAGE】(京都店ですが)
http://homepage.mac.com/mlesna_kyoto/


 【LOIS CAFE】


吹き抜けの天井が、とても開放的に感じられる、居心地のいい空間でした。スタイリッシュな作りとは裏腹に!?(良い意味でね)、メニューは、アジアベースに、アレンジを加えたかっこいいものばかり。今日オーダーしたのは、「ニューヨークチーズケーキ」(アジアじゃないのかーわたし!)しっとり具合が美味しかった♪
写真(右上)は、帰りにレジで頂いた、パンフレット。お店のコンセプトを読んで納得!
「たとえばそれは、アジアンモダンスタイルとでも呼べばいいのでしょうか。多彩な文化の香りと深い歴史のロマンを秘めた空間、それでいて懐かしくやさしい気持ちにさせてくれる。からだが、きもちが、なごむ大人のくつろぎ----。」(パンフより抜粋)
今度はディナーでしっかり食べたいな★☆

【SHOP DATA】
大阪市北区芝田1丁目15-21(阪急高架下)
06-4802-2222
11:00〜23:00


【WEB PAGE】
http://wwwlois.co.jp/










【LE SALON DE NINA’S】


ニナスは、フランス生まれの紅茶です。ちょっとおどろきでした!“紅茶と言えばイギリス” そして “オープンカフェと言えばフランス” を連想しがちだったから。・・・
だけど、よく考えたら、フランスでも「サロン・ド・テ」で紅茶とお菓子をたのしめるエレガントな習慣があったーって、思い当たりました!

紅茶は、中国からシルクロードを越えて、ヨーロッパの各地に伝わり、それぞれの形で育てられ親しまれて来たんですよね。
中でもフランスでは、果実や花の香りをつけたフレーバーティーが生まれたそうです。その数は今では数百種類を越すのだとか!

ニナスの紅茶は、天然のフレグランスのみを使ったフレーバーティーが、豊富です♪本国では、300種類以上あるそうですが、日本に輸入されているのは、フレーバーティー(赤い缶のニナスレッド)が26種類とクラシックブレンドティー(緑の缶のニナスグリーン)が10種類。

紅茶の名前のネーミングセンスがとてもファッショナブルで、メニューをみているだけでも、わくわくする感じ!あと、紅茶のお店・・・の割りに(?失礼!?)パスタがとっても美味しいんです!わたしが訪れたときはディナーだったけど、今度はランチやおやつに、もっと気軽に、友人や彼(ダンナ)をさそって来てみたいかも!!


【SHOP DATA】
大阪市北区1-12-6 E〜ma 5F
06-4795-7583
11:00〜23:30


【WEB PAGE】
E〜ma http://www.e-ma-bldg.com/
オフィシャルサイト http://www.gioire.com/index.html


HOMEへ コンテンツTOPへ